Girls Talk

Tenko Kisaragi

ルノワール&モネ展

2016年04月26日

天気がいいと、やっぱ景色がとにかくキレイ!

京都市美術館で開催されている「光紡ぐ肌のルノワール展」と「モネ展」を見に行ってきました。

平安神宮の鳥居が鮮やか!!!!

IMG_5389

鳥居の右側が京都市美術館

 

京都市美術館

 

二人を同時にってどんな風に展示されているのだろうかと、ちょっと不思議に思いながら行ってみると、チケットを買う人たちが列を作ってました。

買っておいて良かった(^^)

 

ルノアール展&モネ展

 

ルノワールの方が、見たことのない絵ばっかり。

子供の頃に見た二人の少女を描いた絵が好きで、ルノワール好き!

とか言ってます。

「読書をする二人の少女」とか「ピアノを弾く二人の少女」とか。

以前、。フランスへ行った時、たまたまグランパレでルノワール展をやっていたのですけど、

その時に、「ピアノを弾く二人の少女」の絵が3枚あることを知りました。。。。

 

最後の部屋のオートフラフとか、思色かったです。

人をこっちに持って行こうか、あっちに持って行こうか、何てこうやって構図を作って、

作品が出来上がっていくのかな・・と思うと、

絵の描けない私ですが、作業工程にも興味が出ますね。

 

モネ展の方は、「ヨット、夕暮れの効果」と「シヴェルニーの黄色いアイリス畑」に

心惹かれました。

 

「ヨット、夕暮れの効果」の色使いが、バリで見た夕焼けに似ていたせいかもしれません・・・。

 

圧巻だったのは、やはり最後の部屋。

晩年に描かれた「日本の橋」が6枚。

近くでみると、実は良く分からなかったのですけど、

離れて見て、

ようやく光の輝きや池に映る状況が浮かんできたのですけど、

ホント綺麗でした。

 

「バラの小道」も。

歩いてみたいな・・・・って。

 

—Comments—

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。