Girls Talk

Tenko Kisaragi

鼓童 ー坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界ー

2016年06月1日

今日から三日間、京都劇場で

「坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界」をやっていて、平日だったので観に行ってきました!

 

和太鼓の音は、いいですね〜。

メロディ楽器なし、打楽器だけで構成される楽曲って、やっぱすごいです。

 

初めて鼓動を見たのは、東京に住んでいた頃だから、もう二十年くらい前。

感動したなぁ・・・。

 

で、今回は、。坂東玉三郎さんの解説を交えて、メンバーの生の声も聞きながの二時間半。

二拍子、三拍子、四拍子、五拍子と進んでいって、九拍子まで披露してくれたり、

どうやって作曲したかなど。

 

坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界

 

中には、四歳から和太鼓をやってますなんて人がいたけど、私の周りで、和太鼓なんて出会ったことないけど? と不思議。

地域によって、盛んな地域では、親しむことができたんでしょうかね?

 

 

ドラムを使っての曲もありました。

和太鼓を聞きに行っているという意識が働いているせいか、

ドラムを叩いているんだけど、和太鼓の音が聞こえてくるのは、私だけでしょうか?

シンバル入ると、ドラムだなぁとは思うんですけどね(^^)

叩き方の違いがあるのかも?

 

鼓童のサイトを見ていると、総勢三十五名おられるのですけど、今回は十七人構成。

男性が上半身裸で太鼓を打つのを見ると、筋肉の凄さに目を見張ります。

ボディビルダーの筋肉もすごいけど、鍛え方が違うんでしょう。

筋肉モリモリって感じではないし、見るからに筋肉質には見えないのに、太鼓を打つと細かな筋肉が肩から背中、それに腹筋に現れて、体力勝負なんだなぁとつくづく感じさせられました。

 

九月には、「ワン・アース・ツアー2016〜螺旋」があるけど、平日じゃないから見に行けなさそう。

 

またの機会を楽しみにしております(^^)

 

 

—Comments—

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。