Girls Talk

Tenko Kisaragi

パッチワーク展 母親のお葬式の代わりに♫出来たこと

2022年07月3日

母親が亡くなって、2年。

コロナの影響で、人の呼べないお葬式しかできず、

人脈の広かった母親のお葬式としては、ちょっと寂しかった。

で、今年5月に、生前からやっていたパッチワーク展が出来たことで、お葬式が終わった感じ。

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

そう、お葬式には、すでにコロナが始まっていたこともあり

生徒さんや、関係者の方には来ていただくことが出来なかったこと。

生前、生徒さんが「先生の作品ばかりの展覧会をやりたい」

と言っていただいていたこともあり、

とは言いつつ、コロナの影響で開催をなかなか踏み切れない状態が続いてしまい、

2年経って、ようやくパッチワーク展を開くことが出来ました。

家中に仕舞われていた作品を引っ張り出し、

大きさやタイトルをチェックあせる

どの作品を展示するのかを、生徒さんたちにも見ていただき、

選別。

展覧会の前日に展示するわけだけど、

これが、また大変そうだし、ちゃんと吊るせるかどうかも自信がなく・・・・

でも生徒さんのご主人が手伝いに来てくださり、予定時間を余らせて、準備を終えることが出来ました💕

 ↑ ↑ ↑

右側が、最後の作品。

最後まで自分で作り上げられなかったので、途中から生徒さんが引き継いで完成さてくれました。

その時の動画を作ったので、もしパッチワークに興味がおありなら、見ていただけると嬉しいです💕

30年間とはいへ、よくこれだけの大作を作ったなと、ため息しか出ない。

その細かさとか。

習いに行っていた教室の先生も来てくださって、

「桂子さんだけ。1cm幅でキルティングができるのは。

1cmよ!!!!!」

と言っていた。

あんなに細かい作業をしているのに、肩が凝る・・・ということは無いらしい。

目が疲れる・・・・ということも無いらしい。

そんなことを言っているのを聞いたことがない。

母親は、山本桂子というのだけど、

毎年くらい、「山本桂子と仲間たち」という名前で展覧会を同じ場所でやっていた。

Youtubeの最後の花は、その仲間たちからのお花です。

もう、先生はいないから・・・・と

「山本桂子の仲間たち」という名前で。

—Comments—

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。