Girls Talk

Girls Talk

Tenko Kisaragi

仮想通貨を体験してみる

2017年04月6日

初めてビットコインを手に入れたのは、coincheckという取引所です。

最初は緊張しました。

お給料をもらっているだけの普通の人なので、取引所にちゃんと入金されるだろうか?

とか、交換がうまくいくだろうか? とか。

交換がうまくいかずに無くならない?

など、大切なお金のことをかなり心配していましたが、取引所自体、もう何年もやっていて、信用問題なんだから、そう簡単に無くなったりするわけがないのに、心配なものです。

 

日本円を入金する場合、振込人(自分)の名前の前に、取引所から与えられた番号6桁を入れないといけないんですけど、間違えてしまいました。

でも、ちゃんとお問い合わせ機能が付いていて、メールを送ったら、間も無く返事が来ました。

日本語対応してくれていると、その辺はやはり安心ですよね。→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

取引所によって、それぞれのカラーがあります。

最初に利用したcoincheckという取引所は、電気も扱っています。電気小売業にも参入しているわけで、ビットコインで電気代を支払えます。→こちらをどうぞ

また、ビットコインを通して不動産売買も行なっています。→こちらをどうぞ

 

で、緊張しながら、日本円をcoincheckへ送金します。
この時、住信SBIネット銀行を持っていると、coincheckの住信SBIネット銀行へ振り込む事で日本円を入金する事が出来ます。

 

 

左側のメニューにある「コインを買う」をクリックします。

 

 

画面の右上に「6JPY」とあります。今持っている日本円が6円です。

画面中央あたりにある「数量」が0.00004BTCになっています。
その下のレートが150000BTC/JPYとあります。

1ビットコインが15万円だという事です。6円を15万円で割ると0.00004になります。

coincheckでは、入金されている日本円で、購入できるビットコインの数量を自動的に計算してくれています。

最後に「購入する」ボタンをクリックすれば、ビットコインを持つ事ができます。

ただし、取引は0.005BTCからなので、6円をビットコインに変えることは出来ません(^^)

 

昨日、取引所のbitFlyerがビックカメラ2店舗でビットコイン決済の導入すると発表。また、国内で利用店舗数第一位のレジアプリ「Airレジ」が夏頃にはcoincheckのビットコイン決済に対応するらしいです。→こちらをどうぞ

 

ビットコインを使えるお店は、どんどん増える見込みです!

 

ちなみに「Airレジ」は、iOS対応のアプリです。